ホーム  > 気になるニュース  > 経済・社会  > 東京都心でやっと初雪、過去の記録更新

2007 .03 .16

東京都心でやっと初雪、過去の記録更新

東京都心でやっと初雪、過去の記録更新(nikkansports.com)
気象庁は16日、東京都心(大手町)で同日午前7時に「初雪」を観測したと発表した。今シーズンの記録的な暖冬を反映し、平年より73日遅く、これまでの最も遅い記録の2月10日(1960年)を1カ月以上更新した。前年比では95日遅かった。
おお。やはり今朝散らついていたのは雪だったのか。雨にしちゃ粒が見えるなぁと思ったけど。どうりで寒かったわけだ。
気象学的には、日本の冬は12月から翌年2月までなので初雪は冬に間に合わず、統計上、都心は観測記録が残る1876(明治9)年以降、初の「雪のない冬」となった。
そう、たしかにもう春なんですな。えらく暖かかったり急に冷え込んだりとおかしな天候です。

で、今日のエントリー、じつはちょっとしんみりしたエントリーだったりして。

妹君が嫁いだ先のお祖母さんが昨日未明に亡くなったそうで。今朝早くにFAXで連絡がきたのですな。やっぱり早朝とか深夜の知らせはあまりいいものがないね。

まあ90歳を越えるご高齢だったと思うんだけど布団の中でまるで寝入っているように息を引き取られていたそうな。老衰だったそうです。

急に暑くなったり寒くなったりするとご高齢の方が亡くなることが増えますね。

謹んでご冥福をお祈りいたします。

« DMM.comに本・コミックのフロアがオープン | ホーム | 「ライコス」が日本で復活 »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ