ホーム  > 気になるニュース  > 南麻布に「味噌汁バー」がオープン

2006 .12 .11

南麻布に「味噌汁バー」がオープン

味噌汁飲んでますか?「味噌汁バー」オープン(スラッシュドット ジャパン)
六本木経済新聞の記事によれば、店舗デザインなどを手掛けるスタジオナガレは12月11日、南麻布に15種類の味噌汁を揃えるバー「1CHIDO°(イチド)」をオープンする。 日本人誰もが懐かしく思う故郷の味、味噌汁の「懐かしさ」「温かさ」をテーマとし、全国各地の味噌汁を15種類取り揃えて、季節に応じて600円から提供する。
朝晩の冷え込みが厳しくなってきた今日この頃、気になる記事でした。お鍋や煮物が晩ご飯に登場する機会が多くなってるんですが、たしかにみそ汁はこだわりたいポイント。

そんなおいらなのでこのみそ汁バーは一度行ってみたい思いにかられました。
「1CHIDO°(イチド)」
南麻布天現寺交差点近くに「 1CHIDO°」がオープンします。
お酒~〆の味噌汁一杯までを提供する新しいbar styleです。お酒はモルト・ラム・ワインを豊富に取り揃え、フードは各地域の味噌汁をはじめ、各地方のアラカルトも揃えております。一杯の味噌汁をとおし、「懐かしさ」「温かさ」そんな故郷を思い出すような時間をお楽しみ下さい。

〒105-0000
東京都港区南麻布4-13-8
第47平安ビル1F
広尾駅から徒歩10分だそうです。オサレなところですね。

スラドのカキコにあった六本木経済新聞の記事によると、お店は九州の「だご汁」や新潟の「芋茎汁」など郷土色豊かな味噌汁を提供するバーで、営業時間は18時~翌5時とのこと。ホント飲み屋さんなんですね。カウンターやテーブル席でみそ汁をすする姿もまた一興かも。やっぱり合わせるのは日本酒や焼酎かな。
提供メニューは「山陰のしじみ汁」(650円)、「名古屋赤だし汁」(600円)、「千葉の鰯つみれ汁」(1,000円)など15種類の味噌汁をはじめ、「秋田のハタハタ一夜干し」(700円)、「高知くじらベーコン千切りサラダ」(1,800円)など。平均客単価は8,000円。
おお。結構いい値段しますね。でもおいしそ。

みそ汁、あったまるしなにより豚汁のようにガッツリと食べられるみそ汁は疲れて冷えた体にしみ渡ります。。。うちでは昆布だしはインスタントの粉末を使っちゃってますけど、日本酒を入れたり一味唐辛子をまぶしたりしていただいてます。あったまりますよ~。

寒いけど、食べ物がおいしい冬は好きな季節です。「1CHIDO°」も1回行ってみますかね。

▼関連記事
南麻布に「味噌汁バー」-15種類の味噌汁提供(六本木経済新聞)

▼関連リンク
「1CHIDO°(イチド)」


お試しセットDX全国6種類の味噌が クロネコメール便・送料合わせてたったの1,000円ポッキリ!...


みそ汁(60食) お好きなおみそ汁を6種類お選びください。

« 「シャアの名言に学ぶ、仕事術」、続き | ホーム | ISBN13桁化、2007年1月からの影響は? »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ