ホーム  > オンライン書店・本屋  > 本や出版のこと  > 『Web 2.0 ツールのつかいかた』橋本 大也,梅田 望夫,小飼 弾ほか著

2006 .10 .29

『Web 2.0 ツールのつかいかた』橋本 大也,梅田 望夫,小飼 弾ほか著

ネットの情報収集の基本は"Google"ですが、いまやGoogleだけでは辿りつけない情報が増えています。本ムックでご紹介するのはそんな、ネット上のホットな情報に素早くアプローチするためのツールと、その活用ノウハウです。さらに「梅田望夫vs.小飼弾 往復書簡」、「世界一よくわかるWeb2.0入門」など、多彩な切り口でWeb 2.0の世界を紹介します。
著者陣もスゴイ面々。これは買う。

しかしアマゾンの「出版社/著者からの内容紹介」は掲載契約をしている出版社とか著者が直接コンテンツをUPできるらしんだけど、どういうカタチでページに掲載されるかイメージして欲しいな。改行とかズタズタなので。

▼参考記事
使ってなんぼのWeb2.0 - 便利でおもしろいWEb2.0ツール活用入門(技術評論社:電脳会議)

Web2.0ツールのつかいかた
橋本 大也 / 梅田 望夫 /
小飼 弾 / 野本 幹彦ほか著
技術評論社 (2006.11)
通常1-3週間以内に発送します。

« 『しょこたん☆ぶろぐ 2』中川翔子インタビュー | ホーム | ソフトバンクの「予想外割」は安…くない »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ