ホーム  > 気になるニュース  > タレント  > 佐藤江梨子がメード姿のコスプレで山手線に登場!

2005 .07 .17

佐藤江梨子がメード姿のコスプレで山手線に登場!

佐藤江梨子がメード姿のコスプレで山手線に登場!(サンケイスポーツ)
女優の佐藤江梨子(23)が13日、JR渋谷駅の山手線内回りホームにメード姿のコスプレで登場し乗降客を驚かせた。
「キューティーハニー」といい、「ジョージア」のCMといい、この娘はコスプレが似合いますな。
『Tarzan』に登場するくらいのマッチョ系の引き締ったプロポーションなので、ある種「萌え」とは違うんでしょうけど。

サトエリはドラマ版の『電車男』にもエルメスの友人役で出演してるってこともあるので、その筋の人たちにももうおなじみなのかも。

ちなみにドラマ版の『電車男』は初回をちょろっと見ただけですね。スレッドの順番も入れ違ってるし、まぁいいように作りかえられてるかな。

「萌え」市場はフツーのひとたちも取り込んでどんどん拡大してますね。総じてニッポンが誇る「コンテンツ産業」とも取れるんでしょうけど。
広告屋さんたちは、さらに一般化を図ろうって思惑でしょうかね。


「アキバBlog」を知らないようなひとでも、本屋でこんな本を見つけちゃったら……
アナキンが暗黒面に落ちるよりたやすく、イッってしまうんかな…。

もえるるぶ東京案内

JTBパブリッシング (2005.3)
通常24時間以内に発送します。

『もえるるぶ』はすごく売れてましたね。
カバー裏の作りも凝ってるし、成年コミックのビッグネームに描かせたし。
JTB創業以来の英断だったんではないでしょうか(苦笑





↓ あ、もひとつありましたね。
サトエリ「自慢」メード…「電車男」PRでコスプレ ─ 「似合うと思うヨ」 (ZAKZAK)
こっちの写真のほうがそのスジには受けがいいのでは。





ところで「メード」って、「メイド」じゃないんですかね。

« BIGLOBEが25番ポートからのメール送信を制御、迷惑メールの9割に効果 | ホーム | 実名でのネット活用促す 総務省「悪の温床」化防止 »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ