ホーム  > 気になるニュース  > インターネット  > BIGLOBEが25番ポートからのメール送信を制御、迷惑メールの9割に効果

2005 .07 .14

BIGLOBEが25番ポートからのメール送信を制御、迷惑メールの9割に効果

BIGLOBEが25番ポートからのメール送信を制御、迷惑メールの9割に効果(INTERNET Watch)
BIGLOBEは11日、迷惑メール対策としてTCP 25番ポートからのメール送信を7月中旬から制御すると発表した。BIGLOBEが進める迷惑メール総合対策基盤「SMBA(Spam Mail Blocking Architecture)」の一環となる。
スパムメール、多いですねー。フィルタリングしてても最終的には手作業になるので、まだまだ手間がかかってます。うっかり必要なメールをゴミ箱に入れてしまうこともしばしば。

Yahooの「DomainKeys」やMicrosoftの「Sender ID」などスパム撲滅に向けた取り組みも見られますが、実装はまだまだの模様。

てか、Microsoftはまたこんなところでも特許を主張して煙たがられてるし……。

そんな状況の中で、このBIGLOBEの取り組みはリリースを見る限りかなり有効なようです。他のISPも(ディスク容量の増加もいいんですけど)、スパム対策にがんばって欲しいものです。

スパマーを追いかけろ
夏目 大 / ブライアン・マクウィリアムス著
オライリー・ジャパン (2005.6)
通常24時間以内に発送します。

まだ積読本なんですが、なかなか面白そうなタイトル。
スパムメール送信者「スパマー」と、その撲滅を掲げる「アンチ・スパマー」との攻防──
ある男が全米を揺るがす大物スパマーになるまでと、パソコン初心者の女性が彼らをネットから追放するまでの5年間を描いたドキュメント。
本書によると、1年間で約5兆通のメールがインターネットユーザーの受信箱に入り、ソフトウェアのフィルタリングなどで、約100億ドルの生産性が失われているんだとか。eメールマーケティングに携わる人は反面教師として読んでおいてもいいかも。

あ、でも普通に購読希望したニュースレター、DMなども、これでもか! とスパム臭い、煽った文面のほうがヒット率が高いんだそうです。欲望に訴えかけるようなものですかね。実際、スパムメールと言えどそれなりのクリック率や購入率があるそうです。

それじゃ、なかなか減らないのもうなずけますか。。。
結局最後はユーザーの意思やスタンスが大事、ってことなんでしょうね。

« 宅急便生みの親、ヤマト運輸元会長の小倉昌男氏が死去 | ホーム | 佐藤江梨子がメード姿のコスプレで山手線に登場! »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ