ホーム  > 本・レビュー  > 『都市伝説探偵団』アエラ都市伝説探偵団

2005 .06 .29

『都市伝説探偵団』アエラ都市伝説探偵団

「自分と同じ顔の人が3人いる?」「写真の真ん中に写ると死ぬ?」「あくびはうつる?」「源義経はジンギスカンになった?」

根も葉もない話だろうと高をくくっていても、なぜか、昔から、どこかで、何度も耳にしたことのある噂話。
こうして連綿と語り継がれてきた「都市伝説」。

この『都市伝説探偵団』は、雑誌『アエラ』連載時に反響の大きかったエピソード、70篇ほどをまとめたもの。

都市伝説探偵団
アエラ都市伝説探偵団編
朝日新聞社 (2005.6)
通常2-3日以内に発送します。

例えば「ラッキーセブン」。幸運な数字として知知られいますが、その起源は旧約聖書の天地創造までさかのぼるのだとか。

神が天地万物を7日間で創造したという記述から、「7」はすべてを完成させる、パーフェクトな数字となったと言います。

しかしスタッフの調査はそんな一般論では終わらず、なんと「ラッキーセブン」を町おこしに活用している事例まで見つけてきました。

郵便番号が「777」ではじまる徳島県の自治体が、平成7年7月7日から「スリーセブンの町」としてさまざまなイベントを開催しているそうです。

まじめに裏づけ調査までしているところがアエラらしいです。

ちょっとした息抜きや、話のネタにいいですね。
きっと「あぁこれ、知ってる」ってネタがいくつもあるでしょう。



ちなみによく聞く話題もありました。




「本屋に行くとトイレにいきたくなる?」




そう、どうも多いようですね。なんででしょ。ちなみに私は経験ないですけど。
この話題、もう20年以上前の『本の雑誌』への読者投稿が端緒だそうです。
う~ん、意外と根が深いのかな……。

みなさん、やっぱりトイレに行きたくなるんでしょうか。
ぜひ、聞いてみたいところです。

« ソニー総会、株主から不満 「読み甘かった」と出井氏 | ホーム | 宅急便生みの親、ヤマト運輸元会長の小倉昌男氏が死去 »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ