ホーム  > 気になるニュース  > インターネット  > Sleipnir作者が会社設立、ブラウザ標準目指す

2005 .06 .23

Sleipnir作者が会社設立、ブラウザ標準目指す

Sleipnir作者が会社設立、ブラウザ標準目指す(ITmedia)
広く利用されているWebブラウザ「Sleipnir」の開発者が株式会社を設立し、事業展開に乗り出した。後継ブラウザのアルファ版を6月末にもリリースする予定だ。
「Sleipnir」(スレイプニール)、愛用してます。他にWindows環境ではDonutPとFirefoxをご愛用。どれもサクサク軽快に動くので快適です。

メインはSleipnirで画面を広くして見たい時。本やCDとか色んな商品を見比べたい時とかでウィンドウをたくさん開く時はDonutP、ブログサイト系の時はFirefox、といった使い方でしょうか。なにしろ長所はそれぞれで、これだけの機能が無料で使えるのはありがたいですね。感謝です!

▼「タブブラウザ」使ったことないけど興味ある、という方はこちらをどうぞ。
タブブラウザ推進委員会

というわけで、Sleipnir作者の柏木さんが開発機の盗難にも挫けずに会社を興されたそうです。
フェンリル株式会社(クールでカッコいい)

事業化することで開発もスピードアップしているようですが、使い勝手や機能性、デザインなど現状でもかなり満足しているので、どんなカタチに進化するのか楽しみです。

シェアウェアやオープンソース化ではなく、あえてクローズドソースで事業化を選択したということなので、(すでにリリースしてきたブラウザ以外のソフトも含めて、かな?)これからどういうビジネスモデルを展開していくかにも興味がありますね。

愛用者の応援エントリーでした。

Sleipnir PowerTips
T2Project
九天社 (2004.9)
通常2~3日以内に発送します。

※ Webにドキュメントが公開されてるので特に本を買う必要はないですけど、パッケージがカッコよかったので。

« アラン・ケイのSqueakが日本の小学校にお目見え | ホーム | 『知って得する数字のカラクリ ネット株』大竹 のり子・著 »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ