ホーム  > 気になるニュース  > インターネット  > facebook、プライバシー対策の厳格化についてFTCと和解

2012 .08 .11

facebook、プライバシー対策の厳格化についてFTCと和解

FTC、Facebookのプライバシー慣行に関して最終的な和解を発表(CNET Japan)
米連邦取引委員会(FTC)は米国時間8月10日、Facebookのプライバシー慣行に関して同社との最終的な和解が成立したことを発表した。
周囲でも使ってる人が増えてきたfacebookですが、彼らのビジネスは広告モデル。
ユーザーの登録(属性)情報や利用者同士のつながり具合、ページ購読や「いいね」といった利用者の行動情報を使って広告できますよ、というのが彼らのウリ。

すなわち、それはぼくらのプライバシー。

個人的には属性情報や行動履歴を広告に使っちゃダメとまでは思わないのですが、ユーザーに虚偽の説明をして、黙って広告主に情報を渡すのはあり得ないことです。
FTCがFacebookのプライバシー慣行に関する調査に踏み切ったのは2009年のことだ。この調査は、ユーザーが非公開に設定していた情報をFacebookが公開したとして、複数のプライバシー団体が申し立てを行ったことを受けてのものだった。またFacebookは、サードパーティーのアプリがアクセスするユーザー情報はそのアプリの動作に必要な情報に限定されると主張していたが、実際にはユーザーの個人データのほぼすべてにアクセスできる状態だったと、FTCは報告の中で述べていた。
facebookは若い企業ではあるけれど、若気の至りというにはあまりにお粗末。
和解の条件として、Facebookはユーザーの情報を共有する場合に必ず「明確で明示的な通知」をユーザーに対して行うことに同意した。ただし、その前提としてFacebookは、プライバシー設定の対象外となっている情報を共有するにあたって、ユーザーの「明白な承諾」を得る必要がある。さらにFTCは今後、Facebookに対して「包括的なプライバシー対策」の継続を求め、同社のサービスに対するプライバシー監査を隔年で実施する予定だ。
ぼくらユーザーは、みんなが使ってるからと安易に捉えるのではなく、そのサービスがどういったことをしてるのかをきちんと知っておく必要がありますよね。

IPOしたことでますます売り上げ上げろ圧力は強まるんでしょうけど、世界一のユーザー数を誇るサービスとして襟を正す方向に向かってもらえればと願ってます。

▼関連記事
フェイスブック、個人情報保護問題で米FTCと和解―20年間監視(IBTimes)
世界一のソーシャル・ネットワーキング・サイト、フェイスブック(Facebook)がついに、個人情報保護問題について米連邦取引委員会(FTC)と和解した。同社は制裁金は支払わないものの、今後20年間、FTCから監視される。

違反行為が見つかれば、1件当たり1万6,000ドル(約125万円)までの罰金支払いが科せられるという。
FTC対Facebook–顧客をだましたが今後の行為義務注意義務のみで罰刑はなし(TechCrunch Japan)
  • プライバシーや消費者の個人情報のセキュリティに関する虚偽の表現を為すことを禁じられ;
  • 消費者のプライバシー選好を覆す変更を行う場合は明確な同意を得ることを要求され;
  • アカウントを削除したユーザの素材へのアカウント削除後30日目以降のアクセスを誰に対しても禁じ;
    新しいまたは既存のプロダクトやサービスの開発に伴うプライバシーのリスクに対処するための総合的なプライバシー計画の樹立と実行維持を図り、消費者の情報のプライバシーと機密性を保護し; そして
  • 今後180日以内およびその後の20年間の隔年において、独立したサードパーティによる監査を受け、プライバシー計画の存在と実行ならびにその内容がFCCの命令に合致しているもの以上であること、および消費者の情報のプライバシーが保護されていることを確証しなければならない。
↓こういうことがまかり通ってしまってるので、日本にもFTCくらい強制力がある組織が欲しいなあ。昨今の企業はプライバシーを売りモノにし過ぎてると思う。

Tポイントツールバーを導入するとSSL通信の履歴までもが盗聴可能になる(徳丸浩の日記)
twitterなどでTポイントツールバーの利用規約が話題になっています。このエントリでは、Tポイントツールバーを実際に導入して気づいた点を報告します。結論として、当該ツールバーを導入すると、利用者のアクセス履歴(SSL含む)が平文で送信され、盗聴可能な状態になります。

« 消費増税法案が参院で可決──消費税は2014年に8%へ | ホーム | 石巻に行ってきます。 »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ