ホーム  > 気になるニュース  > 科学  > 金環食まで、あと少し

2012 .05 .13

金環食まで、あと少し

900年ぶり天文ショー 金環日食まで1週間(MSN産経ニュース)
世紀の天文ショーと期待される金環日食まで14日で1週間。日本で広範囲に起きるのは932年ぶりで、金環日食にならない地域でも、太陽が細い三日月のような形になる部分日食が期待できる。
5月21日の朝6時から9時くらいにかけて全国全国的に観測できるという「金環日食」。太陽がリング上になるピークは午前7時半前後ということで、微妙に出勤時間の頃合い。見られるかなあ。

というか、この時間に家から太陽見えるんだろうか。たぶん道路から空を見上げるしかないのよね。高層マンションにお住まいの方がうらやましい。
国立天文台によると、金環日食は世界のどこかで平均、年に1回ほど起きているが、観測できる地域は限られる。日本の本州で起きるのは129年ぶりで、今回のように広い地域で起きる次回の金環日食は300年後という。
現時点での21日の東京の天気予報は「晴時々曇」。晴れてー。

▼参考リンク
2012年5月21日 金環日食(国立天文台)
「金環日食2012」特設サイト(アストロアーツ)
金環日食(日本気象協会)

▼関連記事
「金環日食」を楽しく観察するには(web R25)
「金環日食は皆既日食と違い、肉眼ではまぶしくて見ることができません。必ず日食メガネを使いましょう。下敷き型の日食プレートなら顔全体を覆うことができるので、肌の紫外線対策にもなりますね。また、日食は、太陽、月、地球が一直線上に並んだときに起こる現象。ただ単に『太陽が欠けてきた』というのではなく、『今太陽の前を月が通っている』と思いながら観察すると味わい深いですよ」

日食観察用プレートは日食の撮影にも便利。デジカメの前面にプレートを押し当てて普通にシャッターを切ればOK。ちなみにむき出しのままレンズを太陽に向けるのは事故やカメラの故障につながるので絶対に×!

2012年5月21日 金環日食観測ノート <安全・くっきり!日食メガネ付き>
相馬 充:監修 えびなみつる:絵&文 中西昭雄:写真
旬報社
売り上げランキング: 66

月刊 星ナビ増刊 金環日食を見る 2012年 05月号 [雑誌]

アスキー・メディアワークス (2012-04-05)


« 「仙台・青葉まつり」、2年ぶりに開催 | ホーム | キャラメルコーン… »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ