ホーム  > オンライン書店・本屋  > amazon  > アマゾン、初のテレビCMを実施

2012 .04 .17

アマゾン、初のテレビCMを実施

アマゾンジャパンがファッション分野を強化、テレビCMを初の全国放映(財経新聞)
総合オンラインストアAmazon.co.jpを運営するアマゾンジャパンは、ファッション分野の強化に乗り出す。ファッションストアに関するテレビCM「ワイドセレクション編」を4月16日より初めて全国規模で放映。また、初の全国放映を記念して、総額130万円相当のプレゼントが当たる2つのキャンペーンを開催する。
2000年のサービスインからこれまで、もっぱらSEMやアフィリエイトというネット媒体にだけコストを投じてきたアマゾンが全国規模のテレビCMを実施しています。
しかも売り込むのは、ネット通販の商材としては難易度が高い「ファッション」。



» Amazon Fashion

このファッションジャンルのテレビCM、少し前に関西圏でテスト的にオンエアしていたものと思いますが、反応が良かったので全国展開に至ったということかな。
テレビCMのキャッチフレーズは、「どんなスタイルでも、見つかる。アマゾン ファッション」。Amazon.co.jp ファッションストアならではの豊富な品揃えを伝えるとともに、Amazon.co.jpで提供している本、子育てグッズ、バランスボール、ゲーム、CDなど個々の顧客のファッションスタイルに合う小物を同時に紹介。年代・性別を超えて、1人1人のスタイルに対応するAmazon.co.jp ファッションストアならではのショッピングの楽しさを表現している。
ネット通販と分かりづらくて、個人的には正直ピンとこないクリエイティブだけど。
まあ必ず比較テストをするアマゾンのこと、コレが良かったんだろうなあ。

服は現物を見ないと買えないという層が多いのでネット通販では購入のハードルが高いわけですが、そこに1年かけて実施してきた独自の「30日間の返品送料無料サービス」をユーザーベネフィットとして打ち出せるのがアマゾンの強みでしょう。
つかこれをCMで訴求すればいいのに。
Amazon.co.jp ファッションストアでは、豊富な品揃え、バリュー、便利な機能や迅速な配送サービスなどの利便性を提供している。Amazon.co.jp が発送する商品においては配送料無料、さらに、購入した商品が実際に「サイズが合わない」、「イメージと違う」といった場合、30日間返品送料が無料になり、商品代金と消費税を返却する。「自宅でゆっくりとコーディネートやマッチングを熟考しながら、気になる商品を満足のゆくまで検討できる」と同社はコメントしている。
単なる値下げ・値引きで訴求せず(というかアマゾンにとって価格競争力はあって当然)、他社にない差分を打ち出してきたときは採算取れるのか? と驚きました。

返品コストが発生したとしても、購入ハードルを下げることでコストを吸収できるほど売り上げが伸びたんでしょうね。元々のスタンスが究極的な薄利多売ですし。

薄利多売をどこまで受容できるかはそれぞれでしょうけど、単なる価格競争とは一線を画したサービスの在り方を示すアマゾンに学ぶべき点は多いと思います。

▼参考リンク
Amazon.co.jp ファッションストア、テレビCMを4月16日(月)より全国放映(PR TIMES)
2011年4月8日: Amazon.co.jp、『服&ファッション小物』、『シューズ&バッグ』ストアのサービスを強化。『30日間、返品送料が無料』に。(amazon.co.jpプレスリリース)



« Amazonの「1クリック特許」が日本でも成立 | ホーム | ビーケーワン、2012年5月中旬に「honto」へサービス統合 »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ