ホーム  > 気になるニュース  > 経済・社会  > 石巻市立病院、再建地は石巻駅前に決定

2012 .01 .31

石巻市立病院、再建地は石巻駅前に決定

石巻市立病院再建、石巻駅前に決定 15年度内完成目指す(河北新報)
宮城県石巻市は26日、東日本大震災の津波で被災した市立病院の再建場所について、市有地のJR石巻駅前駐車場にすることを決めた。用地購入費や造成費が掛からず、早期に着工できる点が選定の決め手となった。
市長が当初打ち出した現在地(津波が直撃した河口近くの川岸)での再建は論外だったけど、石巻駅前も津波で冠水してしばらく水が引かなかった場所なんだけどねぇ。
駅前一帯は、津波で1階部分が浸水した。このため病院の低層階は、患者が常駐しない駐車場などとし、2階以上に病院機能を備える計画。
もちろん病院の早期着工・完成は大事なこと。けど、やっぱり透けて見えるのは現状ベースの「復旧」なんだよね。
市関係者によると、駅前駐車場は現在の敷地規模(約7500平方メートル)と同等の面積を確保できる。駐車場として整備されていることから、大掛かりな造成は必要ない。
(中略)
駅前駐車場とともに建設候補地だった蛇田、渡波両地区の民有地は、用地買収のため100人以上の地権者と交渉が必要となる。多くが水田で、基盤整備に時間がかかる点も支障となった。
まあ用地買収もハードルが高い問題だけど、すでに日赤病院がある蛇田地区に市民病院まで移設したら他の地区が不便過ぎるという事情もあるのでしょうね。

とはいえ水が上がった駅前か…。
市立病院の建設地をめぐっては、亀山紘市長が昨年7月、国の補助が得られないとして、津波が直撃した現在地(同市南浜町)での再建を表明。その後、国が移転再建でも補助する方針を打ち出したことから、別の建設地を検討していた。
目の前の現実だけで方針が二転三転する様を見てきてるので、どうも目先の経済合理性だけで決めてる懸念が拭えない。

せめて市民にとって使い勝手のいい病院にしてください。お願いします。

« 石巻市、「震災復興基本計画」推進に向け「震災復興部」を新設 | ホーム | 布袋寅泰の50歳バースデーライブ、1曲目は…「B・BLUE」 »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ