ホーム  > 気になるニュース  > 経済・社会  > 処方薬の購入時のポイント付与、「原則」禁止へ

2011 .11 .02

処方薬の購入時のポイント付与、「原則」禁止へ

処方薬への「ポイント」原則禁止に…省令を改正(YOMIURI ONLINE)
厚生労働省は2日、処方薬を購入する際に一部の調剤薬局が付与している「ポイント」について、原則禁止することを決めた。

「処方薬には公的な保険財源が使われており、医療保険制度上、ふさわしくない」と判断した。保険医療の規則を定めた省令を改正し、来年4月から実施する。
処方薬を求める機会はほとんどないので個人的にはスルーしかかった話題なんだけど、ポイント付与禁止の方向性が何とも微妙。
広く使われているクレジットカード、電子マネーで処方薬を購入した場合のポイント付与は例外として認める。ドラッグストア発行のクレジットカード、限られた小売りチェーン店で使用される電子マネーへのポイント付与は認めないとした。
クレジットカードや電子マネーの決済で、決済額に応じたポイントが付与されるサービスはかなり広まってると思う。より広範に普及しているポイント付与はOKで、比較的狭い利用範囲のポイント付与がNGというのは何とも奇妙。だって、ポイント付与が「実質値引きにあたる」というのが日本薬剤師会や調剤薬局の論拠でしょ?
健康保険法は処方薬の値引きを禁止している。しかし、大型小売店などが導入しているポイントカードと同じ仕組みを一部のドラッグストアが採用。マツモトキヨシや流通大手イオン内の薬局なども追随して普及し始めていた。
「薬だけの値引き」でなければOKというのは、木を見て森を見ず的な、あまり意味のない詭弁のような感じ。この規制で圧力団体さんは気が済むんですかね。

まあ薬以外の支払いに使えたほうが消費者としては便利だからいいんだけど。

市販薬はそもそもポイント付与規制の対象外ということですが、薬剤師がいなくて買えないことがままあります。そっちの実害の方が大きいので規制緩和してください。

« ディズニーランド&シーの待ち時間がチェックできるスマホページ | ホーム | 羽田空港、国内線全エリアで無料Wi-Fiサービスを開始 »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ