ホーム  > 気になるニュース  > ウィンカーを装備した自転車「ジェントル・ギア」

2011 .10 .28

ウィンカーを装備した自転車「ジェントル・ギア」

ウインカーが付いた通勤自転車(Excite Bit コネタ)
ピープル株式会社が10月11日より発売している『Gentle Gear ペダル・アヘッド』は、“ウインカー付きの通勤自転車”。
左手のグリップにボタンが付いており、これらを押していくとウインカーやテールランプを光らすことができるというのだ。
ウィンカーとブレーキランプを装備した自転車が、ついに出た!

Gentle Gear ペダル・アヘッド

» ウインカー付通勤自転車 ジェントルギア

これは実にすばらしいですねぇ。なかなか教わる機会がない手信号を強要されても怖るけど、ウィンカーとブレーキランプなら馴染みのある操作ですよね。
「ボタンが3つあり、左右のボタンを押すとウインカーが、真ん中のボタンを押すとテールランプが光ります。また、左のブレーキをかけるとブレーキランプが点灯します」(担当者)
またヘッドライトは、漕いでも重くならない「ハブダイナモ」を採用。乗り心地にも、抜かりは無しだ。
少し残念なのは、点灯するブレーキランプがリアだけだということ。フロントブレーキ(右レバー)を使った時も点灯して欲しいな。

とはいえ自転車による事故が増えてきている昨今では大きな前進でしょう。何の動作もなく、いきなり方向転換する自転車が多くて歩いていてヒヤッとするもの。

もちろんウィンカー装備の自転車が登場しても、信号無視したり一時停止しない心ないユーザーは存在する。けど、それも徐々に減っていくのではないでしょうか。

手軽に買える自転車は、経済的で健康にも役立つ便利な乗りもの。心ない一部のユーザーのせいで大勢の自転車乗りがイヤな目で見られないように、ジェントルギアが大いに売れてくれることを期待しています。

カラーはブラックのみ、ホイールサイズは26インチのみで価格は税込49,980円。

ちょっとお高いけど、売れれば安くもなっていくし、カラーバリエーションも増えていくと思います。色違いの女性用モデルも開発されているようです。

電動アシスト付きで、女性や年配者用のモデルなんかも出てくるといいですね。

« 氷室京介の全曲BOOWY東京ドームライブがDVD化 | ホーム | 東西冷戦を象徴する大型水爆「B53」、最後の1発が解体 »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメント (2)

かたな:

これまた、面白いけど、

車両が真面目すぎ!!

べつに、道交法が関連しないのだから
もっとしゃれたのにするべきだし、

すでに日本は、女性目線でしか商品作らないのだし
ハートマークとか、キティーちゃん風とか、
考えればいいのにな。

やばい、俺も考えが(ハートマークとか、キティーちゃん風)貧困かも!

ひとまずスーツで自転車通勤する向き用ってことなので、こういったシックなモデルでいいと思いますよ。

男性の方がブレーキとかウィンカーとか機能的なことに目が向きますしね。

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ