ホーム  > 気になるニュース  > 経済・社会  > 旧北上川から車や船舶の引き揚げが始まる

2011 .08 .14

旧北上川から車や船舶の引き揚げが始まる

旧北上川の川底から車や船舶引き揚げ(YOMIURI ONLINE)
東日本大震災の津波に流された車や船などが大量に沈んでいる宮城県石巻市の旧北上川で5日、国土交通省が引き揚げ作業を始めた。
ゆきちゃんのクルマもこの中にあったりするのかな…。
磁気センサーなどを使った事前調査で、河口から約3キロまでの川底に、少なくとも車36台、船舶12隻が沈んでいることが確認された。
石巻市内の(旧)中心部を流れる旧北上川は元々、汚泥の流入で水深が数メートル程度しかなかったハズ。
父親がこどもの頃は内海橋から飛び込んで川遊びが出来たそうだけど、ぼくが物心ついた頃には、時々サルベージ船が川底の汚泥をすくい取ってた。
川底に残されたままの車両などが洪水時に二次災害につながる恐れがある。震災被害の大きかった旧北上川でこうした作業は初めて。
水深がそんなに浅いもんだから、満潮になると川岸すれすれまで水位が上がったりしてたのですな。
北上川(石巻市)や鳴瀬川(宮城県東松島市)、吉田川(同)でも引き揚げを行い、9月末までに終える。
防潮堤と併せてやっとかないとちょっとしたことで冠水しちゃう。。。

大変な作業と思いますが、よろしくお願いしますっ!

« 軽自動車の世帯あたり台数、2世帯に1台を超える | ホーム | Google、125億ドルでモトローラを買収 »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ