ホーム  > 気になるニュース  > インターネット  > Facebookは好きじゃない

2011 .05 .15

Facebookは好きじゃない

Facebook、PR会社を雇った反Googleネガティブキャンペーンを認める(engadget日本版)
ユーザー情報の利用を巡って Google と対立してきた Facebook が、米国でPR企業を雇って密かに反 Google ネガティブキャンペーンを展開していたことを認めました。
どんなもんだろうと思ってFacebookもアカウントを作ってはいるけど、何が面白いのかいまいち分からない。個人的にそんな印象のFacebookにスキャンダル。
USA TODAY 誌 や The Daily Beast ( Newsweek) が報じているのは、大手 PR会社 Burson-Marsteller が米国の主要な新聞や雑誌、Blog などに対して、Google の新機能 " Social Circles " は米国民のプライバシーに対する重大な侵害であるとして、Googleを批判する論説や記事の掲載を働きかけたこと。
ああこれはイケてない。こんなんネットの世の中では必ずバレるんだから。
ついては「国内一流媒体への論説掲載の機会」を提供する、ターゲットにはワシントンポストを含む有力紙を考慮している、さらに下書きの執筆も手伝うと、まさに至れり尽くせりの条件で働きかけています。

これに対して、Soghoian氏が即座に(送信時刻からすると3分で) 返信した内容はただ一行:

Who is paying for this? (not paying me, but paying you)
誰が金を出している? (私にではなく、あなたに支払っているのは)
これは(いかに一流といえ)PR会社のやり方がマズいわけだけど、この流れでネガティブキャンペーンの依頼主がFacebookだと露呈した。

Googleもイケてないことは何度も起こしてるんだけど、だからと言ってFacebookがしたことは許されるやり方じゃあない。倫理を欠く攻め方は自社の評判を落とすだけ。急速に大きくなり過ぎて企業モラルが追いついてないのかなぁ。
The Daily Beast の取材に答えて Facebook が BMを雇ったこと明らかにしたため、BMもクライアントがFacebookであったことを認めています。Facebook の回答によれば、正体を隠してPR会社によるキャンペーンを実行した理由は:

1. Google のサービスには実際にプライバシー上の問題がある (とFacebook は信じている) から。
2. Google が Facebook から得たデータを自社サービスに組み込んでいるのは不正であると考えるから。
Facebookが好きじゃない大きな理由は、実名云々よりかも必要以上に個人情報を収集して、しかもユーザーが記入した情報を自分たちの資産だと言ってはばからないところ。個人情報を基盤にするSNSは多かれ少なかれプライバシーについて同じ過ちを犯すけれど、Facebookも御多分に漏れず。

ユーザーが記入した情報はあくまでもユーザーのもの。ヒト同士の繋がりが面白いサービスを生むわけだけど、サービスプロバイダーはあくまでプラットフォームとしてだけ振舞っくれればいい。

Facebookには今回のスキャンダルを反省して襟を正して欲しいな。そしたら少しは好きになるかも。

そうそう。Facebook Connectは気を付けないと危ないと思うよ。
何抜かれてどう使われてるか分かったもんじゃない。

▼関連記事
FacebookがGoogleの顔にこっそり泥を塗ろうとして自分の顔を汚す(TechCrunch Japan)



« 今月のbk1ギフト券 | ホーム | 企業Twitterをフォローする理由の1位は「おトク情報」 »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ