ホーム  > 気になるニュース  > 経済・社会  > 東北新幹線、4月中に全線復旧の見通し

2011 .04 .20

東北新幹線、4月中に全線復旧の見通し

東北新幹線の東京―仙台、1日44往復に 25日から(asahi.com)
JR東日本は19日、25日から運転を再開する東北新幹線の東京―仙台の運転計画を発表した。当面は「はやて」と「やまびこ」を1日に計44往復運行し、最速2時間7分で東京と仙台を結ぶ。一部区間で徐行するため、これまでより30分ほど長くかかる。
一部区間で徐行てのが生々しいですが、やっと全線復旧の見通しが立ちました。もちろん突貫対応があってのことと思います。関係者の皆さんの不断の努力に感謝です。

大型連休に間に合う4月中の開通ということで、人の流れは増えるのでしょうね。
25日からは在来線の東北線仙台―一ノ関で臨時快速列車が6往復運転を開始。新幹線と在来線を乗り継げば、最速5時間37分で東京―新青森がつながる。
安くて時間をかけてもいいなら東北道を通る高速バス、高いけど早さを優先するなら新幹線と、都合に合わせてオプションが選べるのはやはり便利。

ヒトとモノの流れがスムーズになり、少しでも早く「311」以前を取り戻せることを願っています。

▼参考リンク
地震による列車影響と運転見込みについて(JR東日本仙台支社)

▼関連記事
東北線、東京から仙台まで接続…貨物も直通へ(YOMIURI ONLINE)
東日本大震災で運転を見合わせていたJR東北線の黒磯―安積永盛駅間が17日、運転を再開した。

これにより、東北線は東京から仙台までつながった。

« 氷室京介、東京ドームで全曲BOOWYライブを開催 | ホーム | 水道水の汲み置きは「容器の口元いっぱいまで」 »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ