ホーム  > 気になるニュース  > 経済・社会  > 高速無料化実験、新たに6区間が追加

2011 .02 .10

高速無料化実験、新たに6区間が追加

高速無料化、6区間330キロ追加 11年度の社会実験(asahi.com)
国土交通省は2011年度の高速道路無料化の社会実験区間を決めた。10年度の37路線に宮崎道など6区間の約330キロを追加する。「こまない道」を選んだはずの10年度の実験で渋滞が発生したほか、11年度予算案も10年度並みの1200億円で、大幅な追加ができなかった。
民主党が公約として掲げた「高速道路の(原則)無料化」。その実現のための実験ってことで渋滞のデータとかを集めてるそうだけど、実験コストは1,200億円ですかそうですか。

無料実験とは言いつつも、沖縄みたいに渋滞が起きちゃうと料金を取るそうです。
6月から来年3月末まで実施する。これで総延長は約1980キロとなる。10年度に渋滞が頻発した沖縄道は平日のみ無料化前の料金の半額を徴収する。
巨額の税金を使った壮大な実験のゴールはいつになるんでしょうねぇ。

▼参考リンク
平成23年度 高速道路の原則無料化社会実験計画(案)について(国土交通省)

« 世界の国名を直訳した地図 | ホーム | CMスキップ録画機が姿を消す »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ