ホーム  > 気になるニュース  > ウィルコム、他社電話へ無料通話できる「だれとでも定額」開始

2010 .12 .02

ウィルコム、他社電話へ無料通話できる「だれとでも定額」開始

佐々木希も2台持ち! ウィルコム、だれとでも定額スタート(ASCII.jp)
ウィルコムは、10分以内のウィルコム以外の携帯電話、加入電話、IP電話への通話が月500回まで無料で利用できるオプションサービス「だれとでも定額」を、12月3日にスタートする。料金は月980円。
1回あたり10分の通話が月500回までできて、月額980円。たしかに安い。

「WILLCOM だれとでも定額」すべてのケータイへ通話料0円

» 「WILLCOM だれとでも定額」すべてのケータイへ通話料0円

けどあと何分てのを気にしながら通話するのも面倒なんだよね…。「だれとでも定額」の使い方を一発で言い当てた佐々木希さんはスゴイけど。
「長電話することが多いので……10分で1度切ってまた電話します。って、こういうのはいいんですか?」と、だれとでも定額の便利な使い方を、すでに完璧に理解しているようだった。
そんなハッキリ言っちゃっていいのかw
だれとでも定額をオプションとして適用できるのは「新ウィルコム定額プラン」「新ウィルコム定額プランS」の2つの料金プラン。なおW-SIM対応機種での申込は本来不可能だが、2010年11月30日以前に契約済のユーザーについては2011年2月28日までは申込可能。なお、10分を超過する通話は料金コースに応じた金額、500回を超過する場合は21円/30秒の通話料が必要となる。
あまりないだろうけど、1ヶ月に500回を超えちゃうとそれなりの料金が発生しちゃうので注意が必要ですね。
新ウィルコム定額プランSは月額1450円でウィルコム同士の音声通話、そしてメール送受信がすべて無料となる(それ以外の国内通話は21円/30秒)。新ウィルコムプランSとだれとでも定額を組み合わせると、月2430円で大半の通話が無料になる計算だ。
スマートフォン持ちのひとなら、通話用の2台目としてウィルコムを持つのはアリでしょうね。

▼関連記事
「3カ月以内に純増に持ち込む」、ウィルコムが他社携帯や固定電話とも定額で通話できる新サービス(ITpro)

ウィルコムストア

« 松田龍平とタクシーが接触事故 | ホーム | NHK公認「春ちゃん」ねんどろいど、2011年4月発売 »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ