ホーム  > 気になるニュース  > 子育て  > 進む東京の「晩産化」

2010 .11 .04

進む東京の「晩産化」

進む東京の“晩産化” 30代後半出産が20代後半上回る(MSN産経ニュース)
東京都内で30代後半の女性の出産が増加、平成21年は20代後半を初めて上回ったことが都の集計で分かった。40代の出産が占める割合も全国平均を大きく上回っていた。都の担当者は「東京は“晩産化”の傾向が進んでいる。女性の働く場が多いことも要因ではないか」としている。
我が家はこれからなので「晩産」真っ只中ですな。もちろん出産も子育ても若いうちの方が体力あるからいいんだけど、子供は天の授かりものですからねぇ。
なかなか思うようにはいかないものです。

思うようにはいかないものの、東京都の出生数は増加を続けているとのこと。
集計によると21年の都内の出生数は前年比0・6%増の10万6613人。4年連続の増加で、母親の年齢別では30代前半が4万1124人、30代後半が2万7015人、20代後半が2万5318人だった。
差は僅かとはいえ、20代後半よりも30代後半の方が多いんですね。

出産は(女性も男性も)人生における一大イベントだけど、それでも同じ境遇にある人がこれだけいるんだと思うと、不安で孤独になることもないのかも。

女性が不安がらないように、男子も率先してサポートしないとね。

« 野沢那智、死去 | ホーム | 小西真奈美、結婚報道を否定 »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ