ホーム  > 気になるニュース  > フロントガラスのマーキングで事故が減る!?

2010 .10 .22

フロントガラスのマーキングで事故が減る!?

これで事故減らす!フロントガラスに印…ホンダ(YOMIURI ONLINE)
ホンダは19日、狭い路地での接触事故などを防ぐため、全車種のフロントガラス2か所に小さな黒色の三角マークをつける方針を明らかにした。
これは体験してみたいかも。
マークは1辺4~5ミリのセラミック製で、フロントガラス左右の両端に、視線よりもやや上の位置につける。ほとんど目立たないが、すれ違いや右左折の際に車幅を把握しやすくなり、接触事故を大幅に減らす効果が期待できるという。
ちっこいクルマだから今は平気だけど、それでも乗り始めは緊張してたもの。こんな小さなマーキングでも効果があるというのは、ヒトは意識してる以上に視覚に頼ってるんでしょうね。
1,000件以上のデータを集めた結果ということですが、こういう地道な実証はすばらしい。
一部車種で試験的に導入したところ、無意識のうちに視線が安定する効果が確認され、海外も含めたすべてのホンダ車にマークを順次つけることにした。日本を含め、世界各国で特許を申請中だ。
外付けも出来そうなパーツなだけに特許で防衛しないとパクられるって判断でしょうか。まあ外付けでも効果があるなら販売して欲しいな(値段にもよるけど)。

« 「死海文書」、Googleがオンラインで全文公開へ | ホーム | 星野仙一氏、楽天へ »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ