ホーム  >  > 「まんが日本昔ばなし」の制作会社が破産

2010 .09 .06

「まんが日本昔ばなし」の制作会社が破産

「タッチ」「まんが日本昔ばなし」など制作 グループ・タックが破産手続き開始(ITmedia News)
帝国データバンクによると、「タッチ」「まんが日本昔ばなし」「ふしぎの海のナディア」など人気アニメを手掛けたアニメ制作会社グループ・タック(東京都渋谷区)が8月31日、東京地裁に準自己破産を申請し、9月1日に破産手続き開始の決定を受けた。負債総額は6億5000万円。
ありゃ・・・。「まんが日本昔ばなし」大好きだったなぁ。
マンネリになる面もあるんだけど、続いてる安心感はすごく心強いもの。

価値あるコンテンツなので作品が失われることはないと思うけど。。。
少子化の影響でテレビアニメのスポンサー撤退が相次ぎ、受注が減少。09年8月期の売上高は約5億9600万円に落ち込んでいた。業績回復に向け、新規受注の獲得やスタッフの削減などを行っていたが、今年7月に代表の田代敦巳氏が死去したことで体制の再構築が難航、事業継続を断念し、準自己破産を申し立てた。
海外の制作会社の隆盛、国内需要の落ち込みなど厳しい環境にあるアニメ制作ですが、日本のアニメは海外でも評価が高い位置付けとされてるのも事実。

いちアニメ好きとしては国内制作が盛り上がって欲しいと願ってます。



« アマゾンマーケットプレイスの国内配送料が250円に値下げ | ホーム | 第4世代「iPod touch」はイイかも。 »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ