ホーム  > 気になるニュース  > シュテータ

2010 .06 .30

シュテータ

誰が駒野を慰めたか(MSN産経ニュース)
ドイツ公共放送「ARD」で解説を務めたかつての名選手ネッツァー氏は「駒野はこの場面を生涯忘れられないだろう」と話したという。PK戦。駒野のシュートはクロスバーを直撃して大きくはねた。頭を抱える駒野。そして大会からの敗退が決まると、泣きじゃくった。敗戦は、駒野ひとりの責任ではない。誰が、駒野を慰めたか。
サッカーが特別に好きなわけじゃないけど、国を挙げたイベントとなればそりゃ応援するでしょう。というわけで昨日は眠い目をこすりながら観戦してたですよ。

結果は、、、まあ残念だったわけだけど、今までは諦めとか憤りみたいな印象が残るゲームが多かったことからすれば、「残念」と思えるのはすごい成長。

決められなかったのはホント残念だったけど、攻められたら攻め返す試合運びを120分間やり通したわけだから、勝ってもおかしくないゲームでした。
5人目のキッカー、カルドソが決勝のゴールを決めると、歓喜の輪を抜けだし、1人のパラグアイ選手が駒野に駆け寄り、額をすりつけるようにして何かを語りかけた。自身4人目のキッカーとして落ち着いてゴール中央にPKを決めたアエドバルデスだった。おそらくスペイン語だったのだろう。駒野は何を言われているのか分からないはずだが、しきりにうなづいていた。気持ちは通じていたのだろう。
勝つためにはファウルをもらうテクニックを評価されたりもするけど、全力でぶつかり合った後にお互いを称えあう姿はいいものです。

だからこそ、「シュテータ!」なわけですけど。
シュテータ!(パラグアイ戦) | 『オシムの伝言』公式ブログ)
放送終了後、オシムさんはしばらく立ち上がることができませんでした。

黙ったまま、モニターのリプレイなどの映像に見入りつつも、何か遠くを見つめているようでした。「〇〇がこう言っている」とインタビューを訳したり、こちらが何か言っても、しばらく問いかけを無視して、フーと深いため息をつくのでした。

そして、ひとこと「シュテータ(残念だ)!」と。
そう、あなたが育てたチームでもあるからね。沁みるコトバです。

さて、4年後のブラジル大会が楽しみになってきたぞ(って簡単じゃないけど)。

そうそう。アエドバルデス選手は駒野に何て声かけたんでしょうね。

▼関連記事
W杯・話しかけられる駒野(時事ドットコム)

« 「ゆうパック」と「ペリカン便」、7月1日に統合 | ホーム | Amazon、「和書10%ポイントバックキャンペーン」開催 »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ