ホーム  > 小ネタ  > 便利ツール  > 「HootSuite」日本語版、公開

2010 .06 .24

「HootSuite」日本語版、公開

カナダ製Twitterクライアント「HootSuite」日本語版公開(ITmedia News)
カナダのHootSuiteは6月24日、同名のTwitterクライアント「HootSuite」Web版をリニューアルし、ユーザーインタフェースを日本語で表示できるようにした。公式リツイートなど新機能も追加した。
愛用のHootSuite(フートスイート)が日本語表示になった!
↓トップページが英語だけどログインすると日本語で表示されるよ。

HootSuite

» HootSuite

15時過ぎくらいだったかな。HootSuiteにアクセスしたら日本語のメンテナンス画面(ふくろうが寝てるの。かわいいなあ。キャプチャ撮ればよかった!)が表示されたので気づいた。
HootSuiteは、TwitterやFacebook、MySpace、LinkedInといったSNSのアカウントを登録し、更新情報をチェックしたり、まとめて書き込んだりできるWebクライアント。トラフィックの4割近くが日本からといい、iPhoneアプリはすでに日本語化している。
HootSuiteはブラウザベースなので自宅でも会社でも出先でも、いつもと同じ環境で見られるのがうれしい。これが無料で使えるんだからありがたいものです。
Twitterはかなーりおざなりにしちゃってますが(汗・・・

少しだけ不満だったのが英語表示しかないことだったけど(英語でも直感的で使いやすかったけど)、日本語表示に対応したことで個人利用としては最強なんじゃないですかね。

日本語表示を見ると周りの英語ブームについてけない中、ホッとしちゃう…。

▼参考リンク
HootSuite Japan(日本語サポートサイト)

▼関連記事
アクセスの4割が日本から カナダ製Twitterクライアント「HootSuite」日本語版公開へ(ITmedia News)
 HootSuiteはもともと、ホルムズCEOが創業したマーケティング代理店Invoke Mediaの社内向けツール。クライアント企業のSNSアカウントを効率的に管理するために2008年12月、社内のチームで開発した。

 HootSuiteという名前にしたのは、「フクロウが好きだから」。「Hoot」はふくろうの鳴き声の擬音語で、HootSuite専用の短縮 URLツール「Ow.ly」も、ふくろうの「Owl」から取った。アイコンやバナーに表示されるイメージキャラクターもフクロウだ。

« ビーケーワンで「Suicaグッズキャンペーン」開催中 | ホーム | 『月刊 新垣結衣 Special』 »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ