ホーム  > 気になるニュース  > 「寒天ダイエット」、日本人には効果ない?

2010 .04 .08

「寒天ダイエット」、日本人には効果ない?

ノリや寒天、日本人は栄養に…ダイエット?かも(YOMIURI ONLINE)
寒天の原料のテングサやノリなどの海藻(紅藻類)は人間の消化酵素で分解できないため、ダイエット食品としても使われているが、日本人の一部は腸内細菌の力を借りて、紅藻類を分解して栄養分にしていることが仏パリ大学の研究で分かった。北米では、こうした腸内細菌を持っている人は見つからず、食習慣の違いが影響しているらしい。8日付の英科学誌ネイチャーに発表する。
同じ人間でも栄養に出来たりできなかったり。自分の置かれた環境に対する進化なんでしょうね。動物の環境適応力てスゴイな。
日本人では13人中5人がこうした腸内細菌を持っていたが、北米の18人で持っている人はいなかった。日本人は古くからノリなどをよく食べており、腸内細菌は、ノリなどと一緒に口に入った微生物から紅藻類を分解する遺伝子を取り込んだらしい。
まあ消化できるひとは栄養に、消化できないひとはダイエット(というかお通じ)に効果があるわけなのでモリモリ食べといた方がいいでしょうね。

« bk1、「丸善ステーショナリー」の取り扱いを開始 | ホーム | 地球の生物は「左型のアミノ酸」で出来ている »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ