ホーム  > オンライン書店・本屋  > amazon , 広告  > 「ネットリテラシーの高い人向け」同梱チラシ

2010 .03 .26

「ネットリテラシーの高い人向け」同梱チラシ

「ネットリテラシーの高い人向け」フリーペーパー Amazon商品に同梱(ITmedia News)
ネット事業などを展開するMDパートナーズ(昨年7月設立)は3月22日から、フリーペーパー「SANKEI EXPRESS 特別号」の配布を始めた。Amazon.co.jpで購入されたDVDや書籍に同梱。掲載したURLやQRコード経由で紙からWebサイトに誘導する。
あまり好印象で受け取られていないのではないかな。
Amazonを日常的に使うネットリテラシーの高いユーザーがターゲット。「Amazonのユーザーは紙で見た情報をPCやモバイルサイトで改めてチェックするという傾向がある。紙とWebと連携させることで、紙の広告効果の検証も可能」とみている。
アマゾンで買い物してればネットリテラシーが高いってのは大雑把過ぎるでしょう。リーチできるボリュームからする比較論でしかない。

月に何回もアマゾンで買い物するようなヘビーユーザーならジャマでしかないよね。

「SANKEI EXPRESS 特別号」の内容がどうという訳ではないけれど、ユーザーとして受容できるとしたらクーポンブックくらいじゃないのかな。

同梱チラシは確実に到達する点がメリットだけど、ユーザーが意図しないモノを受け取らざるを得ないことで満足度を下げるのがデメリット。
そうした背景があるところに有料購読の導線を置いても効果は低いと思うけどなぁ。

購買傾向なんかである程度セグメントされた情報を盛り込んだ電子ペーパーなら受け取ってもイヤじゃないかも知れない。まあ今はコストが折り合わないので将来的には、ですけどね。

▼参考リンク
SANKEI EXPRESS(サンケイエクスプレス)
SANKEI EXPRESS特別号 2010春号

« ニコニコ動画、楽天主催の全試合を無料配信 | ホーム | 『TOKYO1週間』、『KANSAI1週間』が休刊 »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ