ホーム  > オンライン書店・本屋  > 「売れると思ったのに売れぬ本」フェア

2010 .03 .08

「売れると思ったのに売れぬ本」フェア

「売れると思ったのに売れぬ本」フェア 作者は衝撃?(asahi.com)
福岡・天神のジュンク堂書店で、店員が「売れると思ったのに、なぜ売れぬ」と思った本を100点集めた、意外に売れない本フェアが開かれている。
「なぜ売れぬ」ってのもすごい恨み節だなw そんな企画ごろごろありそうだけどニュースになるのはジュンク堂故かな。
並ぶのは、「恋と股間」という刺激的な題で出版された中学生向けの生き方指南書や50年以上前のミリオンセラーの復刻本、10年おいて重版された町歩きエッセーなど。
まあすぐに返品しないで少しでも売ろうって心構えはいいけどね。でも返品できない業界じゃあ死に物狂いで在庫さばこうとするでしょ。そもそものMDもちゃんと振り返らないとね。

店員さんのポーズはかわいいけど。

[追記]
ジュンク堂さんから選書リストをもらってブログに上げてくださった方がいらしたのでリンクしときますね。すばらしい。

» ジュンク堂書店さんに聞いてみた。「売れると思ったのになぜ売れぬ」の書籍リスト - プログラマになりたい

恋と股間 (よりみちパン!セ)
杉作 J太郎
理論社
売り上げランキング: 9826


« 明治神宮前(原宿)駅=JR線ではありません | ホーム | 今月のbk1ギフト券 »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ