ホーム  > 気になるニュース  > 経済・社会  > ANAの国内線、水と日本茶以外は有料に

2010 .01 .29

ANAの国内線、水と日本茶以外は有料に

普通席の無料は水と茶に限定 全日空の国内線がコスト削減(MSN産経ニュース)
全日本空輸は29日、国内線普通席で利用客に無料で提供する飲み物を大幅に減らし、4月1日からは水、日本茶に限定すると発表した。現在は無料で出しているジュースやコーヒー、スープは、商品内容を見直して有料化する。
ちと寂しいけど、まあガマンできる範囲じゃないですかね。国内ならせいぜい2,3時間のフライトだし。

無料(というかフライト料金に含まれてるわけだけど)で出してくれるスープとか味濃くて、正直あまりおいしいと思ったことないんだよなあ。
全日空が4月以降に国内線で有料で提供するのは、みかんジュース500円、ダージリンティー300円、オニオングラタンスープ500円など。「スターバックス コーヒー」も用意するが、価格は未定。
ドリンク代で装備の安全性やスタッフさんの気配りが担保されるなら安いもんじゃないですかね。

あ。飲み物の機内持ち込みは、、、安全上難しいでしょうね。まあしょうがない。
でも座席で差別はされたくないのでANAさんそこの所の配慮はよろしくです。

国策で救済された会社には負けて欲しくないのでがんばれ。 <もともとANA好き

▼関連記事
ANAの4~12月期、最終赤字351億円 ビジネス需要減退で(NIKKEI NET)
ANAが29日発表した2009年4~12月期連結決算は、最終損益が351億円の赤字(前年同期は94億円の黒字)だった。景気低迷の影響でビジネス用の旅客需要が減少。下期に国際線の旅客数や貨物量の一部が回復したが、単価の下落を補えず採算が大幅に悪化した。
ANA、国内線普通席の無料飲料は水とお茶だけに(マイコミジャーナル)
4月から同サービスで提供される有料メニューは、老舗果物専門店・千疋屋総本店の「みかんジュース」(500円)や、世界のお茶専門店・ルピシアの「ダージリンティー」(300円)、ANAオリジナルレシピの「オニオングランタンスープ」(500円)、野菜スイーツ専門店・ポタジエの「クッキーセット」 (300円)などのほか、アルコールメニューとしてワインやシャンパン、日本酒、焼酎(いずれもおつまみ付き、500円~1,200円)を用意。さらに、 4月中旬からはスターバックス コーヒーもメニューに加わる予定とのこと。


お客様と共に最高の歓びを創る―ANAが目指すCS
社会経済生産性本部
生産性出版
売り上げランキング: 82303

« ダスキン、ドミノ・ピザを売却 | ホーム | 東京上空400キロ »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ