ホーム  > 気になるニュース  > 経済・社会  > 「ゆうパック」は存続し、「ペリカン便」は消滅へ

2009 .12 .19

「ゆうパック」は存続し、「ペリカン便」は消滅へ

「ペリカン便」の名が消滅、「ゆうパック」に一本化へ(asahi.com)
日本郵政グループの郵便事業会社と日本通運の宅配便統合問題で、ブランド名が郵政の「ゆうパック」に一本化されることが分かった。日通の「ペリカン便」は消滅することになりそうだ。
一時は「ゆうパック」でも「ペリカン便」でもない新しいブランドを検討していたものの、「ゆうパック」存続で落ち着く模様。

この名称変更・統一の件は「ブンランド」ってものを考えされられた話題でした。

まあ士気に配慮した「決められない経営」があったことも問題なんですが。

まずコンシューマ向けの小口に事業フォーカスを定めるのなら、すでに認知度の高い名称を捨てるべきではない。知られてないコトを知ってもらう、さらには使ってもらうコトがどれほど大変か。

「ゆうパック」と「ペリカン便」で認知度や満足度調査とかしたのかなぁ。
なんかお客さんの顔も見えてないで内輪の論理で決めてそう。。。

▼関連記事
郵便事業会社がペリカン便を吸収へ 18日に取締役会(MSN産経ニュース)
郵便事業会社と日通は昨年6月にJPEXを設立。JPEXがペリカン便事業、ゆうパック事業を引き継ぎ、今年10月に完全統合することで合意していた。だが、取扱量に比べて設備が過大で、収益が改善するめどが立たないため、総務省は認可せずに統合計画の見直しを求めていた。
▼関連エントリー
日通と日本郵便の統合で消える、「ゆうパック」と「ペリカン便」

« 楽天の2011年新卒採用、当初比+50%の600人へ | ホーム | セブンネットショッピング、情報漏洩リスクが明るみに »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ