ホーム  > 気になるニュース  > 科学  > 江戸城天守閣から見る富士山

2009 .11 .27

江戸城天守閣から見る富士山

江戸城天守閣から見た富士山は…CGで再現(YOMIURI ONLINE)
江戸城の天守閣から望む富士山はどんな姿だったのか。古い地図や建築学の研究成果を手がかりに、東京大工学系研究科の清水英範(えいはん)教授(地理情報学)らが江戸時代の景観をコンピューターグラフィックスで再現した。
元記事には地上58メートルの高さから見える眺望として再現CGが掲載されてます。平野の彼方に雄大にそびえる富士山。当然のことながら高層ビルに遮られることもなく見られたわけですよね。

江戸城に限ったわけじゃないけど当時の高層建築物となればお城くらいなので、こうした風景が見られるのはやはりお殿様の特権ですね。うらやましい。

残念ながら清水センセーのHPにはこの画像がないみたい。新聞記事は消えちゃうから後からでも見られるように掲載して欲しいなぁ。

▼参考リンク
地域/情報研究室 研究テーマ(東京大学)

« ビーケーワン、「Suicaインターネットサービス」決済に対応 | ホーム | ソフトバンク、ウィルコム支援に名乗り »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ