ホーム  > 気になるニュース  > 科学  > エウロパに生命は存在するか?

2009 .11 .19

エウロパに生命は存在するか?

木星の衛星エウロパに魚が生息?(ナショナルジオグラフィック)
太陽からはるか遠く離れた木星の衛星エウロパの海に、魚のような生命体が生息している可能性があるという。エウロパは氷の外殻に覆われているが、地下の全域に深さ160キロの海が広がっていると考えられている。ちなみに衛星表面に陸地は存在しない。この海に従来モデルで想定されていた値の100倍の酸素が含まれているという画期的な研究結果が発表され大きな論争を呼んでいる。
太陽光が全く届かない地球の深海にも生命が存在するくらいだから、水、しかも海という状態の大量の水があれば生命も存在し得るのでは。

でも「魚」はどうだろうなぁ…。
アリゾナ大学のリチャード・グリーンバーグ氏は、「理論上、エウロパでは魚のような生命体が少なくとも3トンは生息できる。
例え生命体が存在できたとしても、木星の巨大な潮汐力に晒されているエウロパ。バクテリアとかせいぜい虫みたいな生物なら存在するかも。
でも、それでもスゴイ。地球外生命体ですよ。ちょっとワクワク。

あー、そういえば来年はもう「2010年」じゃないですか…。



« ソフトバンク、「115」電報事業に参入 | ホーム | 「バカラ」シャンデリア、今年も恵比寿に点灯 »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ