ホーム  > 気になるモノたち  > ユニット交換式デジカメ「GXR」

2009 .11 .11

ユニット交換式デジカメ「GXR」

リコー、“ユニット交換式”デジタルカメラ「GXR」(デジカメWatch:)
GXRは、デジタルカメラでは珍しいスライドインマウント機構によるユニット交換式のデジタルカメラ。ユニット部はレンズ、撮像素子、画像処理エンジンからなる。ユニットを本体から取外して交換することで、あたかも別のデジタルカメラを使うかのように撮影が可能だ。なお、同社のコンパクトデジタルカメラ「GX」、「CX」、「GR DIGITAL」シリーズとは別のラインになる。2008年7月発売のGX200は併売となる。
GX200も使いこなせてないけど、こういうのも気になるなぁ。
ボディ部分となるGXRは、コンパクトデジタルカメラ「GX200」のデザインイメージを引き継いだ外観となっており、「GR」および「GX」系カメラと同様に前ダイヤルや「ADJ.レバー」などを備える。GX200と異なり、十字ボタンの上下に「+/-補正ボタン」を設けているも特徴。外装はマグネシウム合金製で、放熱性や電磁シールド性に配慮した。グリップにはラバーを取り付けている。
レトロなデザインはGX200なんかを踏襲してて好みだし、ユニットの組み合わせで拡張性を持たせる発想は面白いよなぁ(おカネかかるけど…)。
ユニットの取り付けは、GXRのガイドレールに沿ってスライドさせることで行なう。また、取外しはボディ前面のユニット解除レバーを倒しながらユニットをスライドする。ユニットの着脱は電源OFFの状態で行なう。
ミニマムな組み合わせで8万円くらいですか。。。

▼参考リンク
GXR製品情報(リコー)

【早期予約特典メモリーカード付】RICOH GXR-GX24-72mmセット GXR-GX-ESET

« 「Amazonベーシック」が日本でも取り扱い開始 | ホーム | 「から揚げ」と「竜田揚げ」はどう違う? »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ