ホーム  > 気になるニュース  > 経済・社会  > 日経新聞、初の赤字転落

2009 .09 .06

日経新聞、初の赤字転落

日経新聞、広告収入減で初の赤字転落(MSN産経ニュース)
日本経済新聞社(東京)が1日発表した平成21年6月中間連結決算は、純損益が前年同期の59億円の黒字から55億円の赤字となった。景気悪化による広告収入の大幅な減少が響いた。損失を計上するのは、連結決算の公表を始めた12年12月期以来初めて。
あの「日経」であっても中間決算としては4年連続で減収だそうです。
そして今年はついに赤字転落。まあいかに広告収入が巨大か、ってことですけど。

日経に限った話しじゃないけど、新聞広告って掲載日も指定できないし、やたらと文言チェックが厳しくて(これはある程度しょうがないけど)、しかも料金がとにかくバカ高い割りによくわからない理由で掲載を断られることもあるという、どんな殿様商売だって感じなんですよね。そりゃクライアントも減りますよ。
さすがにテレビCMと違ってパチンコ屋の広告だらけにはなってないですけど。

新聞広告信仰も今は昔なんでしょうかね。

« NTT固定電話事業の赤字が拡大 | ホーム | 今月のbk1ギフト券 »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ