ホーム  > 気になるニュース  > インターネット  > mixiからβ表記が外れた

2009 .08 .27

mixiからβ表記が外れた

「mixi」がβ表記を削除、mixiアプリ公開でネクストステージへ(INTERNET Watch)
ミクシィは24日、SNS「mixi」の「βversion」表記を外した。同社では、「mixiアプリ(PC版)の本格開始を受けて、今までのmixiよりも1段上のステージへ上がったことの表れ」だとしている。
ベータ表記が外れたからといって「正式版」になったのかというと、そうでもないみたい。
ミクシィ広報は、「βは、mixiが常に進化を続けていくサービスであるというメッセージを持っていた」と話す。βはサービス運営の概念であり、必ずしもバージョンを指すワードではない。よって、β表記を外したことで、「正式版を開始した」という意味ではないようだ。
ベータ表記を外してmixiアプリPC版を公開した初日からミクシィの審査を通ったアプリが削除されるとかひと悶着ありましたが。

まあいろんな意味で記念日になるでしょうからメモとして残しとこ。

▼関連記事
ねとらぼ:mixiアプリ「ワタシのドレイちゃん」に批判集中 公開当日に削除(ITmedia News)
削除されたのは「ワタシのドレイちゃん」。ユーザーがマイミクシィを「ドレイ」として買い取るという設定のソーシャルゲーム
(中略)
このアプリには公開当初から、「ジョークとしても笑えない」など批判が集中。コミュニティーファクトリーはミクシィと協議した上で、「当社の社内判断で」25日の夜までに削除した。同社は、ミクシィがアプリ開発企業を支援する「mixiファンド」第1号企業でもある。

« 日本政府が「核密約」文書の公開取り消しをアメリカに要請 | ホーム | マックの「無料コーヒー」、午後6~7時にも実施 »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ