ホーム  > 気になるニュース  > インターネット  > CCCとデジタルガレージが資本提携

2009 .08 .18

CCCとデジタルガレージが資本提携

CCCがデジタルガレージと提携、Twitterのマーケティング活用も(INTERNET Watch)
今回の業務提携の内容を確実に推進するためにCCCは、デジタルガレージの株式取得を検討。また、CCCの増田宗昭代表取締役社長兼CEOが、デジタルガレージの取締役候補者として選定されている。株式の取得価額および取得株数は、譲渡価格などの条件に合意できた場合、株式保有割合が5%となる株式数を上限とし、12月末までに実行する。
具体的には、「TSUTAYA online」「TSUTAYA DISCAS」などにデジタルガレージのECサイト向け決済サービス「e-context決済」を導入することと、「TSUTAYA online」会員およびTSUTAYA店舗ユーザー向けのコミュニティサイト構築を検討することの2点。

やはり注目されるのはTwitterをマーケティングに活用していく、というくだりでしょう。話題性は高くなってきてるものの、Twitterをどう使って成果を出していくかという点はまだまだ模索されている段階ですからね。

Twitterを日本語にローカライズしてきた本家がどんな使い方を提示してくるのか。
非常に気になるところです。

しかし、CCCは価格コムの筆頭株主になったりと、このところ攻勢を強めてますね。

« Twitter本体が「RT機能」を実装 | ホーム | 人が造りし海上の大地、「羽田空港D滑走路」 »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ