ホーム  > 気になるニュース  > 子育て  > 妊娠女性の41%が流産経験??

2009 .08 .05

妊娠女性の41%が流産経験??

妊娠女性の41%が流産経験 「不育症」は8万人(MSN産経ニュース)
妊娠したことがある女性の41%は流産の経験があり、流産や死産を繰り返して出産に至らない「不育症」の患者は年間約8万人いるとの研究結果を、厚生労働省研究班がまとめた。
ちょっと衝撃的な数字なんですけど…。

名古屋市立大のセンセーによる提言が以下。
  • 流産は一般に思われているより頻繁に起きている
  • 不育症の患者のうち多くは出産できる可能性がある
  • 積極的に検査や治療を受けてほしい
「不育症」って何すか? はじめて聞いたんですけど…。
不育症(Wikipedia)
不育症(ふいくしょう)とは妊娠は可能だが、流産や死産を繰り返し生児を得ることができない病態や症候群のことである。望んでも妊娠ができない不妊症とは異なる概念である。習慣流産と同義でつかわれることが多い。
そんな悲しいことが…。

愛知県岡崎市で1年間に健康診断を受けた503人(35~79歳)が調査母群ということなので調査としてはいささかバランスを欠く印象ですが、それでも41.5%に当たる190人が流産の経験があるとのこと。

調査母群の対象年齢帯にかみさんも入ってるので他人事な気がしません…。

何はともあれ検査ですね(予定はないけど一応…)。

« アメブロ、7月は月間100億PVを突破とのこと | ホーム | アクアライン、「ETC普通車800円」開始 »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ