ホーム  > 気になるニュース  > インターネット  > 岸田一郎プロデュース「LUXURY TV」開設

2009 .07 .19

岸田一郎プロデュース「LUXURY TV」開設

岸田一郎が制作総指揮の富裕層向けサイト「LUXURY TV」開設(BB Watch)
プロッツは14日、雑誌「LEON」の編集長を務めたことなどで知られる岸田一郎氏がプロデュースする中高年の富裕層向けサイト「LUXURY TV」を開設した。利用は無料。
「LUXURY TV」で取り扱うカテゴリーはファッションやブランド、レストラン、自動車、ゴルフなど。まあ芸風は相変わらずですね。世の中的には逆風吹きまくりといった感じですが、さて岸田氏の手腕やいかに。

LUXURY TV(ラグジュアリー・ティー・ヴィー) by KISHIDA DAYS

» LUXURY TV

これまでテキスト中心だったコンテンツを動画メインに置き換えて発信していくとのこと。
プロッツでは、岸田一郎氏が制作総指揮をとった富裕層向けサイト「KISHIDA DAYS」を2008年9月に開設。ブランド品の紹介を中心に展開し、月間プレビュー(PV)数は約90万から100万PVで、登録会員数は1500人だった。今回テキストと写真を中心とした「KISHIDA DAYS」を動画中心のコンテンツに切り替え、「LUXURY TV」としてリニューアルした。
既存会員が1,500人だったところ、リニューアルにあたっての目標会員数は3万人(初年度)とのこと。なかなかハードな目標ですな…。
今後は携帯電話での視聴に対応するほか、アクトビラでの配信や、ヤフーと提携したコンテンツ配信などを予定する。なお、収入モデルは広告費となり、サイトでの商品販売は今のところ考えていないという。プロッツでは、初年度で8000万の売り上げ、3万人の会員数を目指す。
収益モデルが広告というのも挑戦的。昨今、広告出稿は厳しいですからねぇ。
まあ分かりやすくセグメントされた媒体なりの価値を作り出せていければなんとかなりそうな気もしますが。

しかし岸田氏と石田純一のツーショットが痛く見えるのは気のせいですかね。

▼関連記事
ファッション誌が動画になる――「LUXURY TV」スタート(ITmedia News)
大事なのはコンテンツの魅力、紙かWebかではない――「LUXURY TV」岸田一郎氏に聞く(Business Media 誠)

▼関連エントリー
岸田一郎@ちょいワル、「KISHIDA DAYS」で再始動

« お盆の渋滞、昨年比2~3倍増の見込み | ホーム | Amazon.co.jpで発売前のレビューが禁止に »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ