ホーム  > 小ネタ  > 皮だけの「鯛焼き」

2009 .07 .07

皮だけの「鯛焼き」

あん無し鯛焼き意外と人気 ジャムやバターでパンみたい(asahi.com)
兵庫県明石市鍛治屋町のたい焼き店「鯛(たい)焼きみたか」が、中にあんこの入っていない「あん無し」を発売した。1個50円で、あん入り(110円)の半額以下。
これは食べてみたいなー。

鯛焼きは尻尾から食べる。どら焼きの皮も好き。なぜなら炭水化物好きなので。いもうとは中身の方が好きというので、半分こじゃなくて中と外で分けるとか利害が一致した兄妹でした。

さておき。「あんこ抜き鯛焼き」はあんこ抜きがいいのであって、ジャムとかバターはどうかなぁ。意外とうまいのか? 看板に一匹入魂とまで掲げるお店なのでうまいのかも。

以前お土産でいただいた四谷わかばの鯛焼きはおいしかった…。この記事見て食べたくなったな。まあ一番おいしいって思うのは子供のころに食べた地元の鯛焼きなんだけど。思い出バイアスかかりまくりですなw

▼参考リンク
東京名物 四谷たいやき わかばのホームページ

« 「R25式モバイル」が7月30日で終了 | ホーム | 神戸にて実物大「鉄人28号」建造中 »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

このエントリー 皮だけの「鯛焼き」 に届いたトラックバックの一覧

» 鯛焼き みたか@明石 あん無し鯛焼き
明石にある鯛焼き屋さん 鯛焼き 『 みたか 』 加古川神野で2年、昨年12月にココ明石のたこフェリー近くへ移転オープンしたという鯛焼き店...

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ