ホーム  > 気になるニュース  > 経済・社会  > メガネ職人の手による「チタン製耳かき」

2009 .06 .13

メガネ職人の手による「チタン製耳かき」

眼鏡フレーム廃材で耳かき 職人の手作りです 福井(asahi.com)
国内最大の眼鏡の産地、福井県鯖江市で、小売店の田中眼鏡がフレームの廃材を使って耳かきを作った。発売後の2カ月間に、店頭販売のみで100本を売り上げる人気ぶりだ。
チタンの耳かきとはまた。えらく硬そうだけどどんな具合なんでしょうね。
製造工程で傷がつくなどしたチタン製のテンプル(つる)を再利用した。繊細な加工技術を持つ眼鏡職人の手作り。1本ずつプレス成型し、先端をへら状に磨く。
すごく気になるけど福井にまでは行けないなぁ…。

高価な素材なのでお値段が気になるところですが、田中眼鏡さんのブログによると1本1,500円のようです。このくらいの値段なら買いたいなー。

キャプチャが載ってる福井新聞の記事によると弾力性もあるようですね。通販してくれないかなー。

さておき。職人さんの技術あってのことですけど。ご当地的なお土産を作れないかという動機にメガネの廃材を組み合わせる着想はすばらしい。しかも材質はチタンというマニアックな高級素材。

オリジナリティってのは豊かな発想と確かな技術があってカタチになるものですね。

▼参考リンク
田中眼鏡

« 綾波レイ、インタビュー「序」 | ホーム | かなりおいしそうな、「くさい飯」 »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメント (5)

めがね修理のタムラ:

田中眼鏡さんとは懇意にしておりますので宜しければ眼鏡の耳かきの通販承ります。

タムラさん

コメントありがとうございます。

こちらの方なんでしょうか? URLのご記入がなかったのでちょっと怖いですけど。

チタンの耳かきは興味があるので購入してみたいです。

めがね修理のタムラ:

はい、お待ちしておりますm(_ _)m。

見積もり依頼・質問フォームから問い合わせさせていただきました!

さっそく届いたので日記に書いてみました。

メガネの耳かき | That's Life -Day's-

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ