ホーム  > 気になるニュース  > 科学  > 月周回衛星「かぐや」、全ミッションを終え、月面に散る

2009 .06 .11

月周回衛星「かぐや」、全ミッションを終え、月面に散る

月探査機「かぐや」、役目を終えて月面に落下(asahi.com)
かぐや姫にちなんで名づけられた、月を周回しながら大規模観測を続けた日本初の月探査機「かぐや」が11日午前3時25分、月面に落下した。月の起源や環境を探る情報を集めながら、地球の姿や月面の様子をとらえた映像を落下直前まで送り続けた。また、「月に願いを」と公募した約41万人分のメッセージが刻まれたシートを搭載しており、多くの人たちの思いを月に届け、大役を終えた。
かぐや観測イメージ図

» 「かぐや」イラスト集

2007年9月の打ち上げから1年9ヶ月にも渡るミッションを終えた「かぐや」。
ハイビジョンで撮影した映像の数々をYouTubeで公開するといったPRもあって、その活動と成果はかなりの人が知るところとなったのでは。

お陰さまで小学生以来、久しぶりに深遠な宇宙に思いを寄せることができました。

なんで月に落下させちゃうのかなぁって思ってたら来るべき月面着陸に向けての最後のミッションだったんですね。
「かぐや」役割終える 月面に落下(毎日jp)
かぐやは落下の45分前、月の北極上空約80キロでエンジンを噴射して減速。月の表側の南東の縁付近に落下した。周回衛星を狙った場所に落とすには、精密な地形図や軌道の正確な制御技術が必要で、将来の月面着陸に不可欠。JAXAは「貴重な技術習得の機会」として落下させた。
最後の最後まで、その身を呈して役割を果たしてくれたわけなんですね。

月面にゴミを撒き散らかしちゃうけど…。
JAXAによると、宇宙条約により、他国の活動に被害を及ぼさない範囲で月面への探査機の落下は認められている。月面には、日本が90年に打ち上げた実験衛星「ひてん」を含め、確認できているだけでも約30基が落下しているという。
対価や犠牲によって満たされる探究心。人間は業が深いイキモノですね…。

さておき「かぐや」はねぎらいたいですね。ありがとう、おつかれさまでした。

▼参考リンク
月周回衛星「かぐや(SELENE)」(JAXA|宇宙航空研究開発機構)
「かぐや」の月面落下を終えて(JAXA|宇宙航空研究開発機構)
JAXAチャンネル(YouTube)

▼関連エントリー
「かぐや」が撮影した月の低高度映像が公開
JAXA、「かぐや」撮影映像をYouTubeで公開

« 関東から東北南部が梅雨入り | ホーム | 綾波レイ、インタビュー「序」 »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメント (2)

かたな:

月面と来れば、トムハンクス監督総指揮の
”From the Earth to the Moon”
ですかね。
何度感動して涙したことか。

死ぬまでに月面旅行いける
時代になっているかなー?

かたなさん

コメントありがとうございます。

行けるんじゃないかなーって思いますよ。根拠ないけど。
でも体力はいると思うので健康でいないとですね。

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ