ホーム  > 気になるニュース  > 科学  > 東京都心、地中もヒートアイランド化?

2009 .05 .22

東京都心、地中もヒートアイランド化?

東京都心、地中も高温化 ヒートアイランドが影響か(asahi.com)
東京都心部では地上だけでなく地中でもヒートアイランド現象が起きていることが、産業技術総合研究所(茨城県つくば市)などの調査でわかった。皇居周辺を中心に、通常より高温の部分が楕円(だえん)状に広がっていた。暖められた大気や地表の影響が、地中にまで及んでいるようだ。幕張メッセ(千葉市)で開催中の日本地球惑星科学連合大会で19日、発表する。
何と。地面の下まで温暖化ですか!?
千代田区や新宿区などの東京都心部は、地下約80メートルを境に、地表に近づくほど温度が高くなっていた。
(中略)
地中温度はふつう、地表近くが最も低く、深くなるほど高くなるが、都心部は逆転現象が起きていた。
皇居は都心有数の緑地帯なので涼しいイメージがあるんですけどね。

地上の緑地と地下温度の相関には地下水脈の経路が関係ありそうです。

また、近年特に高温化の進行が見られているのが三鷹市や練馬区とのこと。三鷹は近所ですねぇ。

すぐに生活環境にクリティカルな影響があるわけじゃないでしょうけど、目に見えない変化が着実に進んでいるというは気になるところです。

« お父さん、カワイイ… | ホーム | この世界、まだまだ捨てたもんじゃない »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ