ホーム  > 気になるニュース  > 経済・社会  > ジャストシステム、キーエンスの傘下に

2009 .04 .10

ジャストシステム、キーエンスの傘下に

キーエンスがジャストシステムを傘下に、45億円出資(INTERNET Watch)
ジャストシステムとキーエンスは3日、資本・業務提携契約を締結したと発表した。ジャストシステムが第三者割当増資を実施。新たに発行する普通株式 2823万4300株を、キーエンスが1株につき160円で引き受ける。発行価額は総額45億1748万8000円。これによりキーエンスはジャストシステムの43.96%を保有することになり、ジャストシステムはキーエンスの持分法適用関連会社となる。
この増資によりジャストシステム創業者の浮川社長と浮川専務の株式持分は24.8%程度まで低下することになったということと、キーエンスからは取締役3名と監査役1名が派遣されるということなので、キーエンス色が強くなりそうですね。

まあ他を寄せ付けない圧倒的な利益率を誇るキーエンスのこと、うまいことシナジーを効かせる目算があったんでしょうね。

「一太郎」そして「ATOK」など、独自の製品を開発してきたジャストシステム。これをバネに業績を回復していってほしいものです。

ATOK 2009 for Windows 通常版
ジャストシステム (2009-02-06)
売り上げランキング: 84


« 日本のネット利用者が9,000万人を突破 | ホーム | 「ぽすれん」がコミックレンタルを開始 »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ