ホーム  > 気になるニュース  > インターネット  > eBay、3度目の日本向けサービスを開始

2009 .04 .05

eBay、3度目の日本向けサービスを開始

日本市場向け「eBay.co.jp」が再始動、海外出品を日本語サポート(INTERNET Watch)
インターネットオークション世界最大手の米eBayは、日本市場向けのサイト「eBay.co.jp」を4月1日に本格オープンする。日本の個人および事業者を対象に、世界40カ国で展開するeBayの出品方法やキャンペーン情報を日本語で紹介するほか、電話サポートも提供する。あわせて、eBayの商品を日本語で参照・購入できるサイト「セカイモン」とも連携する。
eBay.co.jpアメリカ最大のネットオークションサイトeBay。すなわち世界最大のネットオークションサイトであり、日本へも1999年という早い時期に参入していました。しかし日本市場で圧倒的なシェアを誇るヤフーオークションの牙城を崩せず2003年に撤退。その後、アメリカのeBayに出品されている商品を日本からも入札できるようにヤフージャパンと提携したりと、やはりどうあっても日本市場に参入したい様子が伺えます。

まあ子会社のPayPalは順調に取引高を伸ばしているものの、本業のオークション事業については本国の業績も芳しくないので、取り引きの間口を広げておきたいんでしょうね。

今回改めてオープンした eBay.co.jp はサイト自体ではオークション機能を提供せずに海外に出品する際の情報を日本語で案内するのみ、となっています。

まずは海外出品を促進して利用者を増やしていって、その後国内からも入落札できる機能を提供していく、という考えでしょうか。現状のサイトからは直接の収益が上がらないですからね。

日本法人を潰さずに、10年かけて足場を作るというのもずいぶんと気が長い感じがしますが、それだけ日本市場は有望視されているということなんでしょうね。

▼参考リンク
eBay.co.jp
セカイモン

« 今月のbk1ギフト券 | ホーム | pixivとエンターブレインが協業し、「ピクシブ通信」をスタート »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ