ホーム  > 気になるニュース  > 子育て  > 不況で保育所の待機児童が増加

2009 .02 .26

不況で保育所の待機児童が増加

保育所さらに狭き門、入所希望3割増も 不況で働くママ急増(NIKKEI NET)
都市部の保育所への入所希望者が急増している。雇用不安が続く中、家計を助けようと働く母親が増えていることが大きな要因とみられ、東京都内では希望者が前年比で10%以上増えている区が続出。横浜市内には3割増というケースもある。減少傾向にあった待機児童数も増加に転じており、「子どもを預けられるか心配」と気をもむ共働き世帯も多い。
うむ。気を揉んでますな。

幼稚園ではなしに、ゼロ歳から預けられる保育所の話しですからねぇ。慣れない子育てで疲れてるところに、子育てにも専念できない家計の厳しさ。

国とか自治体には道路よりかもぜひ保育所の増設を進めてもらいたいものです。

« 自社製品の購入指示、強制もやむなし? | ホーム | 東京は春が近づくと雪が降る »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ