ホーム  > 気になるニュース  > 経済・社会  > ユニクロの昨対、3ヶ月連続で増加

2009 .02 .04

ユニクロの昨対、3ヶ月連続で増加

ユニクロ、3カ月連続で前年上回る 1月の既存店売上高(NIKKEI NET)
ファーストリテイリングは3日、カジュアル衣料品店「ユニクロ」の1月の国内既存店売上高が前年同月比5.7%増えたと発表した。前年水準を上回るのは3カ月連続。
12月から前倒しでセールをはじめた百貨店の不振が続く中、ユニクロはヒートテックがほぼ完売、セーターやフリースも順調に売れ、昨対成長を持続しているとのこと。

衣類をそんなに買う必要があるのかなと思いつつも、たしかにユニクロの服を着てるひとはよく見かけます。まあ仙川はユニクロがあるのでより密度が濃いんだろうけど。とは言え、
ユニクロの客単価は0.3%落ちたが客数が6.0%伸びた。
これこれ。単価の下落を補って余りある客数の増加。

客単価を上げるか、客数を増やすかが商売の基本。

個人的にユニクロの商品は決して安くはない(安いのばかりでない)と思ってるんですけど、ざっくりと市況も同じ感じなんじゃないでしょうか。だから客単価は落ちた。でも新規とかご無沙汰のお客さんを取り込めたことで客数が増えた。

やっぱり愚直に商品開発とブランドプロモーションを続けてきたからこそ、なんでしょうかね。

▼関連記事
ファーストリテイリング、「セオリー」を完全子会社に(asahi.com)

一勝九敗 (新潮文庫)
一勝九敗 (新潮文庫)
posted with amazlet at 09.02.04
柳井 正
新潮社
売り上げランキング: 1151



« ぽかぽか陽気の「立春」 | ホーム | TSUTAYA DISCASの貸し出し数が過去最高に »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ