ホーム  > 気になるニュース  > 経済・社会  > ネット通販に規制強化の大波

2009 .01 .06

ネット通販に規制強化の大波

金融庁も厚労省も腕まくり ネット通販に規制強化の大波(ダイヤモンド・オンライン)
著しい成長を続けてきたインターネット通信販売市場に、“規制ラッシュ”が押し寄せようとしている。金融庁や厚生労働省が、消費者保護・安全性確保の点から規制の強化を図っているもので、各省庁の計画通りに実施されれば、商品購入時における支払い方法のサービス内容は変更される可能性が高い。医薬品販売は大幅に制限される。
代引き決済は使ったことがないしこれからも使わないだろうし、医薬品をネットで買うこともないので個人的には関係ないかなーと思ってたけど、コンビニ払いも対象なんですね。それはイタイ。
規制が実施されれば、規制対応コスト発生に伴う料金値上げや一部業者のサービス停止が予想される。また、マネーロンダリング防止のため、10万円を超える商品は本人確認が義務付けられ、たとえ家人であっても、委任状がなければ荷物を受け取れなくなる。
10万円以上の買い物なんて滅多にないけど、これ実施されたら面倒くさいなぁ。

「現状では、代引きおよび収納代行では金融庁は劣勢、医薬品のネット通販では厚生労働省が優勢」とのことで、予断は許さないもののコンビニ払いと本人確認は実現度が低そう。

しかし不景気となると行政は規制強化に乗り出しますねぇ。「2008年の通販市場は4.5兆円規模、ネット通販が市場をけん引(日経ビジネス オンライン)」なんてデータも出てるので影響は小さくないでしょうに。

ネット業界って、献金とか圧力団体的な発言力が弱いからこうして規制対象になっちゃうんでしょうかね。

« ひろゆき・夏野両氏が互いを業績評価 | ホーム | 楽天市場で10億円の福袋が発売中 »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ