ホーム  > 気になるニュース  > 経済・社会  > JR東日本、首都圏の駅を全面禁煙へ

2008 .12 .11

JR東日本、首都圏の駅を全面禁煙へ

首都圏の駅ホーム全面禁煙へ JR東日本(MSN産経ニュース)
JR東日本は11日、来年4月から首都圏約200駅のホームを全面禁煙にすると発表した。これまで朝の通勤時間帯だけ禁煙としてきたが、完全分煙を求める声が高まったことから、各駅のホーム端に設置していた灰皿付き喫煙所を撤去することにした。
私鉄が全面禁煙されて久しいのにJRはいまだにホーム端で吸えるんですよね。このホーム端の喫煙スペースが来年4月から全面禁煙になるとのこと。いいですね。

個人的には喫煙者なんですけど、マナーの悪い喫煙者に辟易としてます。
歩きタバコとかポイ捨てとか吸殻入れにタバコの空き箱を捨てたりとかいまだに多いですから。

朝のホームなんて人がいっぱいいるのに端の方からタバコの煙が臭ってくるだけで臭くてイライラしますもんね。JR東日本によると、「長時間乗車する利用者が多い」ので配慮していたということなんですけど、残念ながらマナーじゃ抑止きれなくなってますよね。

ガラスで区切られた喫煙ルームはまだいいとしても、構内の飲食店は禁煙にしたほうがいいかなぁ。
煙は思いのほか拡散してますからね。

時事ドットコムの記事によれば東京、大宮、上野、新宿については4月以降も喫煙可能とのこと。
4月以降喫煙できるのは、東京、大宮の新幹線ホームと上野、新宿の特急専用ホームなどにある喫煙場所だけとなる。
確かに長時間の移動が想像できる駅なんですけど、このご時勢で喫煙ルームを増設していくのは難しいでしょうから、いっそ完全禁煙化してみてはどうでしょうね。

イラスト版 禁煙セラピー (ムックの本 820)
アレン カー ベヴ エイズベット
ロングセラーズ
売り上げランキング: 2401


« 楽天が『楽天グルメお取り寄せBOOK』を創刊 | ホーム | 景気対策は誰のため? »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ