ホーム  > 気になるニュース  > 経済・社会  > 「すかいらーく」全店廃止へ

2008 .12 .01

「すかいらーく」全店廃止へ

ファミレス「すかいらーく」全店廃止 低価格店に転換(NIKKEI NET)
経営再建中のすかいらーくは2009年12月期中に、ファミリーレストラン「すかいらーく」全店を廃止し、低価格店「ガスト」や「ジョナサン」に転換する。
ファミレスという業態の先駆けが姿を消すとのこと。
「すかいらーく」はピークの92年に700超の店があったが、10月末には154店まで減少。グループ全店に占める比率は4%に下がっていた。
こどもの頃は田舎にすかいらーくが出店したのが嬉しかったものですが。

高度成長以降の住居地の郊外化、クルマの普及による商業施設のロードサイド化、夫婦共働き人口が増えたことによる外食機会の増加という時代背景があったことがファミレス成長の要因。景気後退から内食ブームと言われることもある昨今、時代の趨勢に沿ったことなんでしょうね。

▼関連記事
すかいらーく、400億円規模の増資 リストラ加速も(asahi.com)

« ハートマークの勘違いにご用心 | ホーム | tipoca外れた・・・ »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ