ホーム  > 小ネタ  > 便利ツール  > 「EASEUS Partition Manager」を使ってみた

2008 .11 .27

「EASEUS Partition Manager」を使ってみた

えらく間が空いちゃったけど、OSが入った状態でもHDDにパーテーションが切れる「EASEUS Partition Manager」をお古のThink Pad X24で使ってみました。

EASEUS Partition Manager

パーテーションのサイズを、マウスをドラッグして指定することもできるし、数値を指定することもできる。

マウスドラッグでも数値指定でも、すぐさま残容量を確認できるし、Apply(適用)をクリックしなければ実際に反映されなくて何度でもやり直し(Undo)が出来るのも安心感があっていいですね。

X24で実験できたので「EASEUS Partition Manager」を使いたかった本命のX60でパーテーションを切ってみました。このコは純正のCドライブしかないのです。

OSが格納されているパーテーションなので再起動が必要だったんですけど、OSが立ち上がる前に「EASEUS Partition Manager」が起動してパーテーション分割を実際に反映させていきました。

160GBのHDDにパーテーションを反映するのに3~4分くらいでしたかね。
無事にXPが立ち上がってCドライブとDドライブに分割できてました。すばらしい。

ちなみに「EASEUS Partition Manager」はパーテーションを切るソフトなので、パーテーションの結合はできないですね。念のため。

▼関連エントリー
OSが入った状態でもパーテーションが切れる「EASEUS Partition Manager」

« ビーケーワンがCD・DVDの取り扱いを開始 | ホーム | 『ルイ・ヴィトン シティ・ガイド東京 2009』 »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ