ホーム  > 気になるニュース  > google  > googleのサービスは45%がベータ版

2008 .10 .05

googleのサービスは45%がベータ版

グーグルのプロジェクトの45%がベータ版--Pingdom調べ(CNET Japan)
Googleは、非常に長い間プロジェクトをベータ版のままにしておくことで有名である。そこである会社が、Googleのプロジェクトのうち、どれくらいにベータ版の表示がついているかわざわざ検証した。
「ベータ版」って表記はgoogleにしてみれば免罪符なんだろうけど。

もちろんWebサービスやソフトウェアにとって、「正式版」としてリリースした後にバグが見つかったり機能改善でバージョンが上がるなんてことは当然のこととして受け止められてる現実もあるからあまり「ベータ版だから」を抗弁にしちゃうと信頼を損ねるよね。まあgoogleの規模で「いやなら使わなきゃいいじゃん」って言われても困るけど。Gmailなんて、もう手放せないし。

今もってベータ版表記されてるサービスは以下(リンク先は日本語優先)。
自分で調べる気はないけど、「正式版」になってるサービスのリストってどんなだろ。

« 「amazonクレジットカード」が12月でサービス終了 | ホーム | 公衆無線LANマップ »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ