ホーム  > 気になるニュース  > 経済・社会  > 厚労省での業務外ネット閲覧は1日12万件

2008 .07 .15

厚労省での業務外ネット閲覧は1日12万件

厚労省はネットカフェ? 職員が業務中に「2ちゃん」「ゲーム」三昧(MSN産経ニュース)
厚労省統計情報部では今年5月7日、職員約5万5000人のうち、東京・霞が関の本省と8つの地方厚生局計約5500台のパソコンを対象にインターネットの閲覧状況を調査。総閲覧数1000万件のうち、少なくとも12万2000件が業務外と判明した。
全体からすれば1.2%程度なんだけど、ユニークユーザー数と延べ閲覧時間はいかほどになるんでしょうね。まあどういう数字を拾ったところでヒマだなぁとしか思えないけど。
うち、7万5000件が掲示板やチャットなど情報交換系のHP。ゲームソフトやネット上で遊べるゲーム関連のHPが4万1000件、芸人や演芸場、アニメなどお笑い系HPも6000件に及んだ。
職場のパソコンっていったら大抵ミュートしてると思うんだけど、ゲームはともかくアニメなどお笑いなんかは無音で見て面白いのかな。あー、周りにひとがいなくなった深夜だったりするのかな。

会社の飲み会でお店探しくらいはするけど、これはないなぁ。。。

そういえばこのブログ、「なかのひと」によると農水省からの訪問が多いみたい。なんでかは謎だけど。

▼このブログの「なかのひと」によるアクセス一覧(画像ファイル 1.4MB…)。
このブログの「なかのひと」によるアクセス一覧

▼関連記事
“ネットカフェ役人”にネット上では非難の声も(MSN産経ニュース)

« ライブドアが「ぽすれん」をゲオに売却 | ホーム | NHKが受信料集金業務の一部を民間委託へ »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ